CONTENTS

セカンドハウスの設計は高気密高断熱や構造を考慮した上で図面化・提案が可能
~暖炉・薪ストーブのある暮らし~

セカンドハウスの設計を承る事務所をお探しなら

セカンドハウスの設計を承る事務所をお探しなら

セカンドハウス設計を承る事務所をお探しでしたら、【アトリエ137一級建築士事務所】にご連絡ください。セカンドハウスの設計を得意としており、実績が豊富です。

「自然・明快・快適・躍動・根源」5つのコンセプトをもとに、快適な住まいをご提案します。よい住まいとは、大きな一つの空間の中にいるような家であると考え、部屋同士の繋がりを大切にした空間を生み出せるように設計しますので、ご意見は何でもお聞かせください。

暖炉・薪ストーブのある暮らし

暖炉・薪ストーブのある暮らし

火は昔から人にとって欠かせないものであり、欧米では暖炉薪ストーブを身近な暖房器具として活用してきました。近年では日本でも生活環境が変化し、薪ストーブを使用する家庭が増えています。

暖炉・薪ストーブは薪を燃やして暖をとる暖房器具であり、炎のゆらめきは体だけでなく、視覚的にも暖かさを感じさせてくれるのです。

暖炉・薪ストーブに見られる炎のゆらめきは、自然現象における「1/fゆらぎ」というパターンを持っています。「1/fゆらぎ」は人が心地よく感じるパターンであるため、暖炉・薪ストーブは多くの人を魅了し続ける存在であるのです。

炎のゆらめきだけでなく、薪が燃える匂いや爆ぜる音も、他の暖房器具では味わえない独自の魅力であり、純粋な製品としてのスペックだけでは測れない素晴らしさがあります。寒い季節にセカンドハウスを訪れた際、暖炉や薪ストーブがあれば、その独自の魅力を感じつつも、暖かいお部屋で素敵な時間を過ごせます。

セカンドハウスを設計する際は高気密高断熱・構造など様々な点を考慮します

セカンドハウスの設計を依頼する際は、暖炉や薪ストーブの他、高気密高断熱、構造など様々な点を考慮する【アトリエ137一級建築士事務所】にご依頼ください。
お客様との会話を通して得た情報をもとに、高気密高断熱や構造、照明計画など、あらゆる点を考慮した上で図面化していきます。

プランは具体的にご提案しますので、ご不明な点がありましたら遠慮なくご質問ください。どのように暖炉・薪ストーブを活かせばお客様にとって快適な空間になるのかを考え、分かりやすく丁寧にご提案します。

お役立ちコンテンツ

セカンドハウスの設計を得意とする【アトリエ137一級建築士事務所】

会社名 アトリエ137一級建築士事務所
住所 〒152-0023 東京都目黒区八雲3-7-4
TEL 03-5726-9137
URL http://www.atelier137-archi.com