CONTENTS

軽井沢の別荘の建築に対応する設計事務所をお探しなら
多数の施工実績がある【アトリエ137一級建築士事務所】へ ~軽井沢の歴史~

避暑地としての軽井沢の誕生から戦後の様子まで

■誕生

避暑地としての軽井沢が誕生したのは、1886年のこと。カナダ生まれの宣教師ショー氏が旅の途中にこの地に偶然訪れた際に、清涼な気候風土と雄大な景色に感嘆し、その後この地へ避暑に訪れたのが始まりです。

■発展

ショー氏が西洋人に軽井沢の魅力を伝えて以来、多くの西洋人が軽井沢で避暑を過ごすようになりました。その後、日本の富裕層の人々が盛んに訪れるようになり、徐々に日本人避暑客が外国人を上回るようになります。その結果、外国人先駆者がつくり上げた質素で高潔な避暑地から、日本人的な華やかな別荘地へと変化を遂げました。

■戦後

戦後は、日本経済の急速な回復と高度成長の影響を受けて、生活環境の整備が進みます。レジャー志向の高まりや交通機関の発達も影響して、別荘や会社、民宿の整備が進み、休養とスポーツを楽しむ多くの人々が訪れるようになりました。

別荘(軽井沢)の設計・建築に幅広く対応する設計事務所

別荘(軽井沢)の設計・建築に幅広く対応する設計事務所

別荘(軽井沢)の建築に対応する設計事務所をお探しの方は、【アトリエ137一級建築士事務所】をご利用ください。無料相談から設計監理まで幅広く対応します。

基本的な流れとしては、まず設計に対する考え方や姿勢、スケジュールなどを総合的に判断・納得していただけましたら、設計監理契約となります。

契約後は、現地調査や基本設計、実施設計はもちろん、工事業者との契約時の立会いにも対応が可能です。サービス内容のご不明点、別荘の設計・建築に関するご要望は、お気軽にご質問・ご相談ください。

軽井沢で別荘を手がけた施工実績が多数!

軽井沢で別荘を手がけた施工実績が多数!

軽井沢に別荘を建築する予定の方、別荘を手がける【アトリエ137一級建築士事務所】は軽井沢や那須、房総などの避暑地での施工実績が多数あります。

豊かな自然が残る軽井沢で別荘を建築する際は、外の景色と別荘の融合を考えることも大切です。
過去の軽井沢での別荘建築では、大きな窓を取り付ける、外装を周りの景色に馴染む色にするなど、景色と別荘が自然に融合するように配慮しながらデザインした例もあります。

豊富な施工実績を活かして、すべてにおいて無理・無駄がなく、自然な空間づくりを目指します。

お役立ちコンテンツ

軽井沢に別荘を建てようとお考えなら【アトリエ137一級建築士事務所】へ

会社名 アトリエ137一級建築士事務所
住所 〒152-0023 東京都目黒区八雲3-7-4
TEL 03-5726-9137
URL http://www.atelier137-archi.com