CONTENTS

別荘の建築なら傾斜地のデザインにも対応できる設計事務所へ
~軽井沢が別荘地として人気の理由~

別荘の建築を設計事務所に依頼するならデザインにこだわる【アトリエ137一級建築士事務所】

別荘の建築を設計事務所に依頼するならデザインにこだわる【アトリエ137一級建築士事務所】

別荘建築を軽井沢とその周辺地域でお考えの方、設計事務所に依頼する際はデザインにこだわる【アトリエ137一級建築士事務所】にご依頼ください。

「日本的な空間表現とは」をコンセプトに、別荘のデザインを手がけています。日本的な空間表現とは、和風という意味ではなく、光と影、四季の移ろいなど日本人の根底に流れる独特の空気感みたいなもののことです。

昔ながらの家に感じる心地良さ・懐かしさを、現代の暮らしにもしっくりと馴染むようにデザインしていくことを目指しています。

なぜ別荘地として「軽井沢」が人気なのか

■別荘地としてのイメージ

清澄な自然と気候に魅了された宣教師のアレクサンダー・クロフト・ショーが、明治21年に大塚山の旧家を改造し、避暑地として利用したことから別荘地としてのイメージが定着しました。

■知名度の高さ

さらに注目が集まるようになったのは昭和34年、当時皇太子だった今上天皇・明仁様ご成婚のニュースが大きなきっかけです。両陛下が出会った場が軽井沢のテニスコートだったことで、知名度が一気に高まりました。

■軽井沢独特のイメージや魅力の高まり

避暑地として有名な軽井沢は、四季を通じての保健休養地として誘客を図っており、環境整備、文化施設やスポーツ施設の充実、観光行事の開催など魅力が高まっています。
開発・発展が進む中でも特に力を入れているのが自然保護です。軽井沢は面積の半分ほどが国立・国定公園の中にあり、四季折々の自然の美しさを感じられます。

豊かな自然を大切にしながらも、適度に開発が進むことで、暮らしていく上で快適な環境が整っているのです。

別荘の建築の実績が豊富な設計事務所は傾斜地への建築も可能

別荘の建築の実績が豊富な設計事務所は傾斜地への建築も可能

別荘の建築を承る【アトリエ137一級建築士事務所】は、多数の設計・施工実績があります。

その一つが、傾斜地での別荘建築です。南北に視線が抜けるデザインを含め、視線を気にすることなく開放感を演出できるのは、傾斜地ならではです。その他には、大小の箱が重なり合うような外観にして、アプローチからのアイストップとして主張しすぎず、環境に馴染むようなデザインに建築した経験もあります。

このように、その土地や周辺環境などを踏まえて建築することが可能です。土地や環境にマッチした別荘の建築に関することは、お気軽にご相談ください。

お役立ちコンテンツ

別荘の建築に関するご相談は【アトリエ137一級建築士事務所】まで

会社名 アトリエ137一級建築士事務所
住所 〒152-0023 東京都目黒区八雲3-7-4
TEL 03-5726-9137
URL http://www.atelier137-archi.com